2018年 12月

画像を準備中です。

ヨールトルットゥ

フィンランドではクリスマスに、クリスマスツリーの上に飾る☆に見立てたお菓子を食べるそうです。 その名もヨールトルットゥ。 12月のクッキングでは、ほし・たいようぐみがこのお菓子作りに挑戦しました。 お菓子作りのまえにはフィンランドはどんなところか、みんなで調べたりもしましたよ。 今マイナス2℃、日本から飛行機で10時間かかる、サンタさんの国などなど。  

画像を準備中です。

悲しい

ある日の夕方、にじぐみが1階に降りてきて遊び始めました。 にじぐみの男の子が、「○○ちゃんは?」と聞いてきました。 「さっき帰ちゃったよ」と話すと、、「、、、悲しい」と一言。 にじぐみさんがそんな表現が出来る事に驚いた出来事でした。   斉藤

画像を準備中です。

思わぬ使い道

  先日、ひかり組がおたのしみ会で使ったどんぐりの音の鳴る玩具を棚に置いておいたときのことです。 ひかり組の子どもたちは、そのプリンカップを使ってどんぐりの音を鳴らすのを楽しんで遊んでいました。 すると、そら組の男の子がなにやらそれをたくさん使って棚の上に並べ、タワーにして遊んでいました。   音の鳴る玩具として遊ぶために置いておいたのですが、タワ

画像を準備中です。

積み木チャレンジ

今年のお楽しみ会で披露された、たいようパパたちによる「リアルおままごと」 その中にパパ達が2人ペアとなって取り組んだ、積み木チャレンジ。 短時間の間にどんどん積み上げる姿がとても印象に残ったのか、最近の積み木ゾーンでは、どれくらい高く積み木を積んでタワーを作れるかが流行し始めています。 イスなども用いてどんどん積み上げていき、高さをメジャーで測ったりもします。 大人の姿に憧

画像を準備中です。

窓拭き

本日、窓拭きの業者さんが来て 保育園の窓をきれいに掃除してくれました。   そんな中、にじぐみの子どもたちは室内で 自由遊びをしていました。   そのとき突然、 2本のロープが窓の外から降りてきたんです。   その様子を見た子どもたちは 一斉に窓に向かって歩き出し、 何をするのか興味を持って見ていました

おもちつき

今日は、平成最後の「おもちつき」がありました。 皆さん、お正月の準備は進んでいますか?? 年末に餅つきをする習慣が始まったのは「鏡餅を作るため」と言われています。 鏡餅というのは、新しい年を無事に過ごせることを願うための神道から生まれた理由です。 年神さまにお供えするお餅が鏡餅となり現在に伝わっているそうです。 多数のご父兄のご協力のもと、スムーズに3回のお餅をつくこ

画像を準備中です。

~そらぐみの1ページ~

最近のそらぐみさんは、、、 皆おしゃべりがとても上手になってきて、会話が止まりません。(笑)   朝の会でも、散歩の途中でも、帰りの会でも。。。エンドレスです(笑) 朝の会や帰りの会でお話をする時に、皆の話声で先生の声が聞こえない時があり「○○ちゃーん声がうるさくて先生の声が聞こえないよーー」と不意に声を掛けてしまったことがありました。 …するとそれを聞いて

バンビ保育園

バンビ保育園について

概要を見る アルバムを見る
栄町保育園

栄町保育園について

概要を見る アルバムを見る
top