バンビ保育園のこだわり

蝶々になりきって絵描く♪(つき組・ピカソ)

2019.05.14

新緑の美しい季節になり、花も咲き子ども達の目を楽しませてくれています。
今日は、あいにくの曇り空で、朝雨がパラパラでした。
外のお天気とにらめっこしながら、今子ども達の興味のある蝶々になりきる表現を楽しみました。

雨が幸い降ってこなかったので、テラスで大きな布にダイナミックに絵描きました。
ねらい
☆【小さな型で】指先を使って目と呼応しステンシルの型に染色を楽しむ。
☆【大きな布・ダイナミック】腕で風でそよぐ布に気持ちを開放して絵の具表現を楽しむ

☆指先・微細【ステンシル】
蝶々の土台に、一人ずつ子ども達の好きな虫や蝶のステンシル型に合わせた絵の具をつけ、春の花を蝶々の形の画用紙にコラージュをして楽しみました。
指先で型を押さえながら、そおっと、ポンポンと布に押し色を定着させます。紙にじわあっと、色インクが染み込んで「蝶々!」「ヘラクレス!わかんなーくなっちゃったー」と子どもの声。
その後、春の花をテープで貼りコラージュを楽しみました。
「このお花、バラ?」「ベルが好きな薔薇だよ」「これ、なんていうお花?」「パンジーっていうんだよ」「え!パンチ―!?(笑)」とお花の名前にも興味津々でした。これからお花、植物図鑑を見る機会もまた増えそうですね。

☆ダイナミック【大きな布】
コラージュを楽しんだ蝶々を背中につけ、蝶々になりきった子ども達。「わあ!」「おーい!」といつもと違う外での製作に意欲が高まる子ども達。
風でそよぐ紙の自由な緩やかな動きに合わせ、筆で絵描き、気持ちを開放して絵の具表現を楽しみました。
「お花描こう!」「葉っぱも描こうよー」と、選んだ絵筆を持って、まるで蝶が舞うように絵描いて楽しんでいました。

給食もおやつの時間も蝶々を背中につけていた子ども達です。

バンビ保育園アルバム 『 蝶々になりきって  』は、こちら

http://banbi.ed.jp/album-banbi/5643.html

 

バンビ保育園

バンビ保育園について

概要を見る アルバムを見る
栄町保育園

栄町保育園について

概要を見る アルバムを見る
top