栄町保育園のこだわり

他国の自粛要請から見えてくること

2020.04.19

今までの生活リズムや生活形態が変化し、疲れやストレスが溜まるなど健康面での不安が出てくることを心配しています。それは免疫力の低下に繋がるからです。お互いに体調管理に気を付けて頑張っていきましょう。

さて、先日のニュースで台湾とシンガポールの対策の違いを見ました。中国 武漢からの水際対策では、どちらの国も同じような取り組みで当初の感染者数のグラフを見るとかなり数が少なく同じ推移を示していましたが、ある日を境にシンガポールでは感染者が爆発的に増加しました。

その違いとは何でしょうか。台湾では、国民がマスクをバランスよく購入できる仕組み(買い占めなどが出来ない)や地下鉄ではマスク着用義務(罰金を科す)赤外線サーモグラフィーの導入など又、飲食店では入店時に入店者が記録を残し、万が一発生した場合の追跡調査が出来る仕組みなど蔡総統(国のトップ)のメッセージによって、国民への危機意識が高まった対策が取られたようです。一方のシンガポールでは、当初は危機意識への対策として、厳しい移動や外出の制限措置を取らなくても新型コロナを抑制できる考えられていたようです。同国は学校や飲食店、オフィスを閉鎖せず、ただ、人と人との距離を空けさせる「社会的距離」を最近導入したため、バーは休業し、11人以上の集会は禁じられた自粛要請の対策は出来ていたそうですが、これらが結局油断につながり、感染者の爆発的な増加を招いたようです。

こうして両国は、危機意識の高さと油断との違いが見られました。

さて、日本での緊急事態宣言はどのような効果が表れるのでしょうか。まだまだ、その効果は見えてきませんが良い結果を望んでいます。

私たちは、保育を継続していかなければならない中、出来る限りの対応で子ども、保護者、保育者への感染を防いでいきたいと思います。

伊藤 賢

バンビ保育園

バンビ保育園について

概要を見る アルバムを見る
栄町保育園

栄町保育園について

概要を見る アルバムを見る
top