栄町保育園のこだわり

我が子を訪ねて保育園!

2018.11.07

先日、0歳児、1歳児クラスの保育参観並びに懇談会がありました。

私が出勤し、1階保育室に向かうと、テラス側の窓際に、たくさんの保護者の方々が窓に貼られた新聞紙の隙間から、子どもたちの園での様子を子どもたちに見つからないように見学していました。

何気ない普段の様子を見てもらっていたのですが、ご家族の方々は笑みを浮かべながらじっと子どもたちの様子を眺めていました。

子どもたちはそんなご家族の様子に気が付いているのかいないのか、いつも通り楽しく園生活を過ごしていました。

新年度が始まり、かれこれ半年も経つと、子どもたちは自分でできることが増え、行動範囲も広がり、様々なことに好奇心をもって活動するようになりました。

普段、ご自宅では見ることができない同年齢、異年齢同士の関わりが多く見られたと思います。

午睡中には、何人かの保護者の方が様子を見に来てくださり、「そらぐみの子どもたちはほとんどの子が、自分で眠くなったらお布団に向かい、一人で眠ることができるんですよ!」と伝えると、集団の中で、穏やかな顔でお昼寝している子どもたちを見てビックリされている方もいらっしゃいました。

今後も、「子どもたちが主体となる保育とは何か。」ということを大切にしながら、保護者の皆様と一緒に子どもたちの成長を見守っていきたいと思います。

新聞紙の隙間から暖かい眼差しで子どもたちを見守るご家族の方々を見て、ふと、我が子が保育園児だったころを思い出し、何だか自分も笑みがこぼれてしまいました(^_^)

ご参加いただいたご家族の皆様、どうもありがとうございました。

岡本

バンビ保育園

バンビ保育園について

概要を見る アルバムを見る
栄町保育園

栄町保育園について

概要を見る アルバムを見る
top