栄町保育園のこだわり

どうしたらできるかな?

2018.04.24

今日の散歩での一コマ。

たいようぐみ(5歳児クラス)とつきぐみ(3歳児クラス)で散歩に出かけました。

公園に着くと早速始まった氷おに。

ルールのある遊びの楽しさを知っているたいようぐみの子どもたちは、とても楽しそうに遊んでいました。

その姿を見て、「いれて!」とつきぐみの子ども。

「いいよ~」

ルールを説明していざスタート!

しかし、つきぐみの子どもたちはタッチされたことで泣いてしまいました。

さあ困ったぞ。

 

泣いている子の話を聞くと、走りたいのにタッチされるからイヤだったとのこと。

それを聞いたたいようぐみは相談を始めました。

 

「普通の鬼ごっこならできるんじゃない?」

「つきぐみはタッチしないってのはどう?」

「それじゃ面白くないじゃん」

 

しばらく話し合いが続きます。

 

つきぐみの担任の先生からヒントをもらい、

「おおかみごっこだったら分かるかもしれない。やってみよう!」

と、普段つきぐみが遊んでいるおおかみごっこをすることになり、

無事につきぐみも一緒に楽しめる遊びを見つけることが出来ました😊

 

 

異年齢での活動を通して、子どもたちは出来ることと出来ないことがあることを知ります。

こういった経験を積んでいく中で、どうしたら出来るようになるか、方法はないかを考えていく力がついてくれればと思い、

日々保育をしています。

まだまだ新年度は始まったばかりです。これから子どもたちがどんな成長をしていくのか、楽しみですね♪

 

たいようぐみ 須藤かおり

バンビ保育園

バンビ保育園について

概要を見る アルバムを見る
栄町保育園

栄町保育園について

概要を見る アルバムを見る
top