バンビ保育園のお知らせ

登園自粛の要請

2020.04.09

社会福祉法人 七生会

理事長 伊藤 賢

今週7日、日本政府より「緊急事態宣言」が発令されました。埼玉県は指定地域となり、4月8日より約1ヶ月間、緊急事態措置が取られました。保育所は「3密」を必要十分に避けることができない施設であり、衛生管理や活動制限などの対策では「適切な感染防止対策」を講じることはできません。

当法人は、子ども・保護者・保育者等の安全を第一に考え、各施設における日々の利用者数をできる限り減らしていくことで感染拡大のリスクを少しでも軽減して、施設内における「うつらない・うつさない」を目指す方針と致しました。つきましては、利用者に対しまして「登園の自粛」を強く要請いたしますので、下記の内容をご確認の上、「感染拡大の防止」にご協力をいただけますようお願いいたします。

 

【要請の内容】

登園の自粛。

育児休業取得中、テレワーク、仕事を休めるなど、保護者並びにお子様のお世話をできるご家族のいずれかが在宅の場合は、緊急事態宣言が発令されている期間内において、保育園へは登園しないでください。

医療従事者や、緊急事態下においても社会の機能を維持するため就業が必要なご家庭、ひとり親家庭で仕事をお休みするのが難しい方など、ご家庭での保育が特に困難な方については、個別に園にご相談ください。なお、その場合においても、保育時間の短縮にご協力いただきますようお願いいたします。

〇自粛の期間は、令和2年4月10日より緊急事態宣言が解除されるまでの間とします。

〇期間中、各施設とも「緊急保育体制」に入ります。各種保育計画には基づかず、日毎の登園の児童数や職員数に応じた保育の提供となります。

〇親子慣らし保育は原則一旦中止とします。そして、お仕事に復帰される時期を再度確認していただき、その日程に合わせて親子慣らし保育を個別に再開します。ただし、仕事復帰が直近の方に関しては中止とせず、継続して親子慣らし保育を行います。

〇緊急事態宣言が解除されるまでは、玄関にてお子様の受け渡しを行います。

ご家族、もしくは職場関係者等、身近な方が新型コロナウィルス感染症に感染した場合は、すみやかに園長までご相談下さい。今後の対応についてご一緒に考えさせていただきます。

〇即日の対応は難しいことも多くあるかと思いますが、登園の自粛に向けて、お勤め先との調整などをお願いいたします。

〇登園自粛の要請は、利用者に対して「仕事か命か」と二択を迫るものではありません。保育所は雇用や家賃の補償はできませんし、100%の感染予防もできませんので、自粛は各家庭の事情と責任のもとでご判断ください。

〇保育園の園児や保育者が新型コロナウィルスに羅漢した場合及び地域で感染が拡大している場合には、保育園を一定期間臨時休園とさせていただく場合がございます。

 

※別紙の保育希望調査票に記入して4/13(月)までにご提出して下さい。

10日(金)から登園をしない方は調査票を園まで提出できないので、下記メールアドレスに調査票のデータを添付して送信してください。調査票のエクセルデータは、バンビ保育園ホームページ「園のお知らせ」からダウンロードしてお使いください。データの添付等が難しい場合は、「誰が、いつ登園するのか」が分かるように手入力して送信してください。その際、保護者様の勤務時間、お子様の保育時間もご記入願います。

◆連絡メールアドレスはこちら

oyasumirenraku@banbi.ed.jp

 

◆エクセルデータ「保育希望調査票」

緊急事態 保育希望調査票

バンビ保育園

バンビ保育園について

概要を見る アルバムを見る
栄町保育園

栄町保育園について

概要を見る アルバムを見る
top